鹿児島巡り

鹿児島を中心に家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔大分火王宮御朱印〕境内で浜の市が開かれる火王宮 (柞原八幡宮仮宮)

 〔大分火王宮御朱印〕境内で浜の市が開かれる火王宮

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

 

鹿児島在住、天然、お気楽、癒し系と言われるやっせんぼ(気が小さい)で、アラフィフの私が 、きんぎょ目線で、九州の神社の御朱印、まだまだ数ないですが、お寺の御朱印、家族湯、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介しつつ、 御朱印を1000社目指して集めて行きます。v(。・ω・。)

 

今回 大分御朱印巡り 雨にも負けず編 RPG(ロールプレイング)ぽい雰囲気でブログを更新しているのですけど、昨日の若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ) に続いて向かったのが、大分県大分市にある火王宮 (柞原八幡宮仮宮)(ひのうぐう)です。朝、というか 夜中?から ずっと運転し通しで ボロボロの状態になりつつ 1日目 最後に神社巡りを遂行していました。(-д-`*)ウゥ-

 

鳥居

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

鳥居です。こちらは 正面にある 鳥居です。私は ナビで裏側?の方に到着したので、正面に回り こちらから お詣りしました。

 

手水舎?

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

たぶん 手水舎です。というか、でかっ!と 思いました。今まで一番大きい手水舎でした。

 

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

横に 小さめの手水舎もありました。

 

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

ちゃんと お水も入っていました。

 

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

境内は こんな感じで 広かったです。

 

合格門

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

合格門という門がありました。合格する予定とかはないのですけど、とりあえず、一礼してくぐっておきました。ヽ(゚∀゚)ノ 

 

獅子

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

狛犬?か、獅子?です。未だに 区別がつきません。

 

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

漫画のキャラっぽい 獅子でした。

 

社殿 

大分御朱印巡りブログ火王宮 (柞原八幡宮仮宮)大分市

社殿です。

 

昭和32年 興玉神社を火王宮に改める

 

当社の草創以について、

豊府雑志は由原の社伝を引用して、次のような縁起を伝えている。

由原八幡宮影向ノ後、宮師金亀和尚、

当社放生会ノ地アラン事ヲ求ム。

雨時、承和4年8月14日ノ夜、

当浦ニ火石海中ヨリ流出 シテ、

炎光ヲ放ツ。

里民皆恐レ怪ム。

和尚下山シテ是ヲ拝シ、此地ヲ以、

放生会ノ斎場所タラン事ヲ祀誓シ 玉フ。

其夜ノ夢ニ、1人ノ老翁来テ告テ、

曰、吾ハ武内大臣也、此地ニ於テ、

毎年放生会ヲ執行スベシ。

又、火石ヲ神体トシテ此地ニ祀リ奉ルベシト。

是即チ由布 同体 異所ノ神霊ニシテ、

八幡菩薩ノ権化タルヲ似、

火王大権現ト号スト云云。

 

張り紙より

 

 

f:id:kagomegu:20200315151515j:plain

賽銭箱の横に こちらの引き出しがあり おみくじ、御朱印、お札、パンフレットが入っています。最後の1体でした。

 

御朱印

f:id:kagomegu:20200310152152j:plain

書置きの御朱印です。

 

 

f:id:kagomegu:20200315151522j:plain

裏の方?にある 鳥居です。この鳥居の手前の方に 駐車場があり 私はそちらに停めました。上の写真の右側の建物の向こう側にも 駐車場はあります。

 

境内は きれいに整備されていて、地元の方が散歩していたりして 大切にされていると思いました。お詣りしたあと、待っていてくれたかのように 雨が降り出しました。ちょっと限界だったので 宿へ向かいます。(ぶっちゃけ 泣きそうでした)( ̄Д ̄;;

 

 

神社情報

火王宮 (柞原八幡宮仮宮)

大分県大分市浜の市1

御祭神

猿田彦大神・底度久御魂(そこどくみたま) 猿田彦命の荒魂

生石大明神

例祭日   仲秋祭(浜の市)

 

 

 

 

www.gosyuinn.work

www.gosyuinn.work

www.gosyuinn.work