鹿児島御朱印巡り

鹿児島在住、きんぎょ目線で、鹿児島の御朱印、家族風呂、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介します。v(。・ω・。) 

やくさみを奉納する吉村八幡神社

宮崎御朱印神社

 

やくさみを奉納する吉村八幡神社

 

宮崎御朱印神社吉村八幡神社宮市

 

 宮崎県宮崎市吉村町にある 吉村八幡神社に

 お参りして来ました。(*^∀^)

 

 

 子供の日の前だったので 鯉のぼりが

 あげてありました。

 

宮崎御朱印神社吉村八幡神社宮市

 

 石造りの街並みに馴染んだ 鳥居です。

 

手水舎

 

"宮崎御朱印神社吉村八幡神社宮市

 

 

 きれいで 趣のある手水舎です。

 

 

 龍神様でした。O(≧∇≦)O

 

f:id:kagomegu:20190807214716j:plain

 

 狛犬です。たぶん・・・

 

f:id:kagomegu:20190807215125j:plain

 

 玉に乗っている 狛犬です。

 珍しいですね。

 

社殿

 

f:id:kagomegu:20190807215715j:plain

 

 社殿です。

 

 由緒

 文明八年(1476)旧六月十三日に

 宇佐神宮より御分霊をお迎えし、

 清水長門守が此の地に八幡神社を建立した。


 明治、大正の頃、十五夜祭には

 流鏑馬(やぶさめ)が奉納され、

 のちに変じて「やくさみ」(現代の競馬)に

 なった。

 神社から旭道線へ通じる八幡通りを

 やくさん馬場と言い、境内から

 やくさん馬場に向かって四頭ずつの

 若駒が競争した。

 

 騎手は七~八歳の子供で鉢巻に

 黒しゅすの陣羽織を着せ、子供騎手の足を

 馬の腹帯にしばり、村の若者や見物衆が

 長い鞭で馬の尻をたたいて応援したもので、

 騎手は馬の走るにまかせ、田の中に

 飛び込む者あり、決勝点をはるかに

 越して今の薬師様まで行く馬ありて終日賑わった。


 慶応三年(1867)大政奉還され、

 明治四年廃藩置県と共に天領地に

 置かれていた当地域の区有地は

 大字吉村有地となり、十五夜、

 例祭および夏祭にはご神幸祭が

 盛大に行われている。

 

 昭和四十三年(明治百年)拝殿

 および北山神社本殿を改築した。

 

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 八幡神社(はちまんじんじゃ)(吉村)

 

 

f:id:kagomegu:20190807215914j:plain

 

 境内内にある 社務所です。

 

 

御朱印

 

f:id:kagomegu:20190807215947j:plain

 

 御朱印です。

 上の写真の社務所で いただけます。

 予想?なのですが、御朱印を書いてくださったのは

 神主さんの奥様?だと 思われますが

 とても 優しい物腰の奥様でした。(´∀`*)

 

 こちらの神社は 町の中にある神社で

 境内もきれいに整備され 地元の方々に

 大切にされている雰囲気でした。

 

 

 

 

 

神社情報

 吉村八幡神社(よしむらはちまんじんじゃ)

 

宮崎県宮崎市吉村町宮ノ脇甲2133

 

 御祭神

 応神天皇(おうじんてんのう)

 

 例祭日  旧8月15日

 

 御朱印  あり

 

 駐車場  あり

 

 

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work

 

 

 

 

おまけ

 

f:id:kagomegu:20190823161258j:plain

 

 先日 近所の物産館を 数軒 はしごしまして

 まだ、8月なのに くり を 発見 (」゚ロ゚)」  

 

 あと、梨も 発見!!!

 

 まだまだ、暑いですが すぐそこまで

 秋が 近づいて来ているのですね。

 さぁ~ この栗 どうして 調理して

 食べようか 思案中・・・

 

 やっぱり 王道 栗ごはん? 甘露煮もいいし

 そのまま 煮て スプーンで 食べるのも

 美味しい~ (* ̄¬ ̄)

 

 こういう時 日本に生まれ 春夏秋冬

 季節を味わえる 幸せを感じます。

 

  ダイエット中なのですけどね・・・(T□T) 

 まっ、それはそれ、これはこれということで

 食べてから 体を動かすことにします。