鹿児島巡り

鹿児島を中心に家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔宮崎吾平津神社〕乙姫大明神といわれていた吾平津神社

〔宮崎吾平津神社〕乙姫大明神といわれていた吾平津神社

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

鹿児島御朱印巡り、今日から 通常更新していきます。紹介したいことがたくさん たまっていますからね。ヾ(-Д-*)

さて、鹿児島御朱印巡り、今回は 宮崎県日南市にある 吾平津神社にお参りして 御朱印をいただいて来ました~ヾ( ̄∀ ̄*) 昨年の 11月ですね。

 

 

実は こちらの 吾平津神社も、数回 7、8回お参りさせてもらっています。

吾平津神社は、あびらつじんじゃと 読みます。最初 なんて読むのか わからなくていろいろ調べました。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

鳥居です。木花咲耶姫の像が お出迎えしてくれます。

  

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

2つ目の鳥居です。この時は たぶん 春だったと思います。違ったら すみません。

とても、きれいでした。

 

手水者

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

手水者です。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

大きな貝があります。たぶん 夜光貝ではないかと思われます。

 

社殿

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

社殿です。海の近くなので コンクリート造りの社殿です。

 

由緒

当社は元明天皇の御代の和銅二年(709)の創建にて乙姫大明神と称して、江戸時代、飫肥十一社の一つとして歴代藩主の崇敬篤く、明治維新の際し伊東裕帰知事の意により吾平津神社と改称され、明治五年平野村の春日神社、八幡神社、稲荷神社、妻万神社を合祀し、一時期平野神社と改められた。その後八幡神社が再遷座されたため、もとの吾平津神社となった。

明治三十二年の宮崎神宮の神武天皇御降誕祭に際し、社殿、神苑の拡充をはかり、同四十年二月、神饌幣帛料を供進すべき神社に指定され、昭和八年郷社となった。大正十五年には、氏子河野宗四郎氏が単独で社殿を改築、昭和九年には神武天皇御東遷二千六百年祭にあたり、聖蹟として顕彰された。現在の社殿は昭和四十八年、第六十回伊勢神宮式年遷宮と時を同じくして、神殿、幣殿、拝殿など一切、氏子崇敬者の熱意と浄財で改築された。

主祭神の「阿平津毘売命」は宮崎神宮の御祭神「神武天皇」が狭野命と称され、また日向に在られた頃の妃であり古事記によればお二人の間には「多藝志美々命」、「岐須美々命」二人の皇子ありとあり、また「日本書紀」によれば「手研耳命」お一人の皇子ありとある。神武天皇が皇子や群臣将兵と共に日向を立って大和朝廷をおこすために東遷された時「阿平津毘売命」は同行されず、当地に残られ、この油津の地より御東遷の御成功と道中の安全をお祈りにされました。

 

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 吾平津神社(あびらつじんじゃ)

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

社殿のすぐ近くに 社務所があります。ですが、鳥居をくぐって すぐ右手にある 社務所の方で 御朱印はいただけます。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

お参りをして なぜか ふっと視線を感じ 振り返りましたが、誰も居ません。でも、視線を感じます。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

よ~~く見てみたら 灯篭?の中に 猫さまがいらっしゃいました。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

横から見たら こんな感じです。

 

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

後ろから 見たら しっかりしっぽが出てますね。

 

御朱印

宮崎御朱印巡りブログ吾平津神社日南市

こちらが 御朱印です。乙姫さまとあります。

 

こちらの神社は 御朱印集めをする前から お参りさせていただいているのですが、以前来た時に 近くに寅さんの資料館?みたいなところがあって 立ち寄ったのですが、最近 開いているところを見たことがないのですが、開いているのでしょうか?

 

大きな通りから少し 入った先にあります。一方通行とかになっているので 気をつけてください。

 

 

神社情報

吾平津神社

宮崎県日南市材木町9番10号-1

御祭神

吾平津毘売命(あひらつひめのみこと)
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
武甕槌命(たけみかづちのみこと)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)

例祭日  11月14日

御朱印  あり

駐車場  あり

 

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work