鹿児島御朱印巡り

鹿児島を中心に御朱印が拝受できる神社仏閣や、家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔宮崎木花神社御朱印〕「無戸室(うつむろ)の跡」がある木花神社

〔宮崎木花神社御朱印〕「無戸室(うつむろ)の跡」がある木花神社

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

 

鹿児島在住、天然、お気楽、癒し系と言われるやっせんぼ(気が小さい)で、アラフィフの私が 、きんぎょ目線で、九州の神社の御朱印、まだまだ数ないですが、お寺の御朱印、家族湯、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介しつつ、 御朱印を1000社目指して集めて行きます。v(。・ω・。)

 

宮崎方面にお出かけして 宮崎御朱印巡りで昨日の熊野神社に続き 木花神社(きばなじんじゃ)にお詣りして御朱印をいただいて来ました~ (*~∇~*)ノ  今回は あまり、迷うことなく 到着しました。到着してから 駐車場がわからず、ちょっとだけ 悩みました。(;^ω^) 

 

鳥居 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

鳥居です。石造りの鳥居です。

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

鳥居をくぐり この石段を登ります。写真で 勾配がわかるでしょうか、結構急です。

 

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

なんとか 休み休み 石段を登り 到着です。

 

手水舎

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

手水舎です。

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

こちらの手水舎、柄杓?が 大きいサイズ、中くらいのサイズ、小さいサイズ、竹のものと バリエーションが豊富でした。こんなにいろいろなサイズの柄杓があるのは、初めてです。

 

狛犬

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

 狛犬です。お尻がぷりっとしていて 可愛いです。

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

2つ目の鳥居をくぐってからは こんな雰囲気です。

 

社殿

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

社殿です。多くの木立に囲まれた 優しい雰囲気の社殿です。

 

由緒

神社名 木花神社(きばなじんじゃ)
御祭神 邇邇芸命(ににぎのみこと)
木花佐久夜毘売(このはなさくやびめ)
鎮座地 宮崎市大字熊野9507
ご由緒 「古事記・日向三代」に登場する邇邇芸命の行宮の跡と伝えられ、佐久夜毘売が火を放って無事出産した3皇子誕生の産屋「無戸室(うつむろ)」の跡、産湯に汲んだ泉と伝えられる「桜川」がある。木花佐久夜毘売への厚い崇敬の念が、木花神社の社名を産んだ。現在、「日向神話街道」に位置づけられ、県内外からの参拝者が多い。

 

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 熊野神社(くまのじんじゃ)宮崎市熊野

 

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

こちらの神社も 書置きがありました。

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

引き出しに入っています。賽銭箱に 入れて 御朱印をいただきました。

 

御朱印

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

御朱印です。

 

無戸室の跡

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

天津邇邇芸命は、この地で国神大山津見命の娘 木花咲耶姫を見染められ結婚されたが、そのご懐妊について天神からあらぬ疑いをかけられた。そこで姫はその疑いをはらし天神の御子であることを立證しようと、出産に当たって戸の無い産屋を建てさせ、粘土で塗りふさぎ、火をかけて三皇子を次々にお産みになった。

その火の真盛りにお生まれになった御子は、火照命、次の子は火須勢理命、火が衰え鎮まる時に火遠理命、またの名を天津日高日子穂穂出見命が生まれ給うた。

このご兄弟の神々は、神話にある山幸彦、海幸彦で弟の山幸彦は、兄神の釣針を探しに海神国に行き、海神の娘 豊玉姫を妃にして帰られた。

青島神社は穂穂出見命、豊玉姫の夫婦神を、その子 鵜葺草不合命は鵜戸神宮に、その御子神倭伊波礼毘古命(後の神武天皇)は宮崎神宮にお祀りしている。

 

看板より

 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

少し高い所にあるので 見晴らしがよく 気持ち良い風が 吹いていました。

 

駐車場 

宮崎御朱印巡りブログ木花神社宮崎市

駐車場はありますが、細長く ちょっと止めにくかったです。

 

 

神社情報

木花神社(きばなじんじゃ)

宮崎県宮崎市大字熊野9508

御祭神

日子番能邇邇芸命
木花佐久夜毘売

例祭日  例祭 勤労感謝の日

神事   春祭 旧2月9日

     秋祭 旧9月9日

 

 

www.gosyuinn.work

www.gosyuinn.work

www.gosyuinn.work