鹿児島巡り

鹿児島を中心に家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔熊本内牧菅原神社〕願かけのタブの木がある内牧菅原神社

〔熊本内牧菅原神社〕願かけのタブの木がある内牧菅原神社 

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

鹿児島御朱印巡り、熊本阿蘇方面に、行って来ました編(そのままだね(-。-;))も、折り返し地点 過ぎてます。焼きたてパン モンテ内牧さんで パンを購入して ほっこりしたところで、この日 朝一で 向かったのは 熊本県阿蘇市にある 内牧菅原神社です。

 

 

朝早い時間で 社殿も開いていなかったのですが、お参りしていたら 神主さんが開けてくださいました。生憎のお天気で、風が強く 寒い日でしたが、雨は降らず お参りすることができました。お参りが終わって ゴルくん(愛車)に乗り込んだ途端、雨が降り出しました。

 

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

石造りの鳥居です。

 

手水舎

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

手水舎です。

 

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

石のシンプルな手水舎です。

 

社殿

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

社殿です。

 

由緒

当社は永禄年間(1558年~1570年)邊春丹波守盛道が内牧城を築き、その守護神として菅原神社を城内に勧請した 天正(1573年~1592年)の始め島津義久の攻略に会い落城し、次いで加藤清正公の家臣であった加藤右馬充が内牧城城主となり 菅原神社を蛭池に遷し更に 慶長元年(1596年)天松山満念寺ち同一敷地に遷し以来、明治初年まで 神仏混淆で満念寺の社僧が祭祀した 明治4年郷社同八年村社となる。

社殿は、元禄15年(1702年)再建されたが、明治17年11月消失し 同年23年再建して今日に至る。

 

 看板より

 

御神木

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

写真では わかりずらいですが、夫婦杉です。 

 

願かけのタブの木

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

樹齢500年、阿蘇の冷涼な地で育つのは めずらしいと言われる。長年の風雪に耐え生き抜いたこの木に 願いを込めたことから 「願かけのタブとして 昔から親しまれ続けている。」

看板より

 

御朱印

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

こちらが、御朱印です。神主さんが 朝の準備?をされている 時に 恐る恐る・・・

きんぎょ 「すみません。御朱印を いただけますか?」

神主さん 「御朱印ですか? はい 大丈夫ですよ」と

作業をしている手を止め 書いてくださいました。朝早く お忙しい中 本当にありがとうございました。

 

駐車場

熊本御朱印巡りブログ内牧菅原神社阿蘇市

駐車場です。神社の隣にあります。この駐車場の奥の方は 神主さんのご自宅だと思われます。

 

周りは 住宅地で ちょっと 道が細いところもあります。いつも通り ちょっとだけ迷いましたが、どちらかというと わかりやすいと思います。

 

 

神社情報

熊本県阿蘇市内牧416

 

御朱印  あり

駐車場  あり

 

 

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work