鹿児島御朱印巡り

鹿児島在住、天然、お気楽、癒し系と言われるやっせんぼ(気が小さい)私が きんぎょ目線で、鹿児島の御朱印、家族湯、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介します。v(。・ω・。)  現在 御朱印帳13冊目になりました。

熊本永国寺の幽霊が現れた池

熊本御朱印お寺

 

熊本永国寺の幽霊が現れた池

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

熊本人吉御朱印巡りに 行って来ました~ ヾ( ̄∀ ̄*)

人吉も、数回 訪れていて こちらの永国寺さんも、数回お参りさせていただいているのですが、御朱印は まだ いただいていなかったので 今回 初めて いただいて来ました。

 

 

永国寺さんは あれが 出ると有名なお寺さんで テレビにも 何度も出ているし、私が1人で お参りできる数少ないお寺さんの一社です。

 

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

こちらは 道路沿いにある 門です。

 

鐘楼門

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

門から 少し入ったところにある 楼門?だと 思います。(゚ー゚;

 

阿吽像

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

楼門の左右に いらっしゃる 阿吽像です。

目力が 半端ないです。

 

手水舎

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

手水舎です。

 

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

あまり お寺さんには お参りしたことがないので 詳しくはわかりませんが、手水舎があるところと ないところがあるみたいです。こちらは ありました。

 

本堂

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

本堂です。建て替えられたみたいで まだ、新しい感じです。

 

本尊

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

 

由来

当寺は、蓬萊山永国寺と称し、曹洞宗寺院で特に大本山總持寺(横浜市鶴見区)の御直末として球磨人吉曹洞宗十六ヶ寺の本寺である。寺の創立は、応永十五年(1408年)で、相良九代前続公の開基により、実低超真和尚が開山した。以来、現在の住職で四十一代になる。

 

本尊は、釈迦牟尼仏で脇侍に文殊、普賢菩薩を安置する。鎌倉末~室町初期の作と推定され、像内に延宝元年(1673年)より同三年まで、京師大仏師法橋康祐に依って補修された旨記してある。

 

現在の本堂は平成二十九年(2017年)に改築されたものである。又、裏には蓬萊山があり、この山頂よりの眺めは、人吉市街を一望に収める絶好の眺望である。

 

本堂の外左側に、秋葉大権現、鎮守稲荷富勝大明神を祀っている。秋葉三尺坊は鎮防火獨の権現である。

 

パンフレットより

 

 

幽霊の掛け軸

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

こちらが 本堂の中に展示されている 幽霊の掛け軸のレプリカです。

凄くリアルで 女の人の怨念というか 情念みたいなものを感じました。

 

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

当寺開山実低超真和尚が描いたと伝えられる。創建当時、近郷の木上の、さる知名の士がおり、妾を囲ったが、本妻の嫉妬に悩み、球磨川に身を投げて、非業の死を遂げた。

 

しかし、その怨みが幽霊となり、本妻を苦しめた。本妻は実低和尚の法力を頼り、当寺に駆け込んだ。和尚の前に現れた幽霊は、和尚より因果の道理を説き聞かされ、和尚が描いた己れの醜い姿に驚き、和尚に引導を渡して欲しいと懇願し、実低和尚の引導に依り成仏し、それから現れなくなったという。本堂裏の幽霊が出たという池は、湧水池で、春には桜、つつじ等、夏には水蓮等咲き乱れ、四季折々の変化を楽しむことができる。

通称「幽霊寺」といわれる由縁である。

 

パンフレットより

 

幽霊が現れた池

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

本尊の右側の奥の方に進むと こちらの幽霊が現れた池があります。

 

 

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

本堂を正面に見て 右側の建物で 御朱印はいただけます。

 

御朱印

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

御朱印です。

 

駐車場

熊本御朱印巡りブログ永国寺ゆうれい寺人吉市

観光客の方々も 数多く訪れる 観光名所?でもあるので 大型バスも停められる広い駐車場があります。

 

この日も 多くの方々がお参りに来ていました。

外国の方も 来られているみたいでした。

 

 

 

お寺情報

熊本県人吉市土手町5

利用可能時間  8:00~18:00

御朱印  あり

駐車場  あり

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work