鹿児島御朱印巡り

鹿児島在住、きんぎょ目線で、鹿児島の御朱印、家族風呂、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介します。v(。・ω・。) 

志布志の大クスがある安楽山宮神社

鹿児島御朱印神社

 

志布志の大クスがある安楽山宮神社

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 志布志市志布志町にある 安楽山宮神社に

 お参りして来ました。ヽ(≧▽≦*)

 志が多いですよね~ (^O^ )

 

 

 昨日のブログで、氏子さんに教えてもらった通りに

 メモ用紙に書いてあった 交差点を曲がったりして 

 無事に到着しました。

 

 確か 車で 20分ほどだったでしょうか・・・

 迷うことなく お参りできました。

 

手水舎

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 大きくて びくともしなさそうな

 手水舎です。

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 龍神様と 大きな石の手水舎です。

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 だいたい、狛犬か獅子ですね。

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 

社殿

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 社殿です。

 

 由緒

 

 元明天皇の和銅二年天皇の廟を

 御在所岳の山頂に祀り山宮大明神と

 号したのが初めてと伝えられ、

 その後大同二年山口大明神(大友皇子)、

 若宮神社(持統天皇)、

 中宮神社(玉依姫)、鎮母神社(倭姫)、

 蒲葵御前社(乙姫)を合祀して

 山口六社大明神と号し現在地に祀られた。

 

 冷泉天皇の安和元年神領五〇〇町歩の

 寄進があり、最盛時には御祭百弐拾四度と

 記録にある。

 

 享保十九年正一位の宣旨を受けた。

 新納、肝付、島津氏等により

 度々社殿の造営修築が行われ、

 藩政時代には四十八種の祭事が斎行され、

 舞殿、観音堂、籠所、御供所、

 鐘楼等の建物が付随し、

 大隅随一の規模であった。

 

 明治維新後郷社山宮神社と改められ、

 当地方の宗廟として崇敬されてきた。

 境内に国指定天然記念物の大樟があり、

 中国原産の廣葉杉、神舞面、神舞衣装、

 絵馬等が保存されている。

 

 

www.kagojinjacho.or.jp

 

 

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 こちらが 国指定天然記念物の大楠です。

 だいぶ 離れて 写真を撮ったのですが

 それでも 入らないくらい 大きくて

 存在感のある 大楠です。

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 かわいい 猪の絵馬もありました。

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 社務所です。

 御朱印は こちらで いただけます。

 お昼時間は いただけないので 

 頂くときは 気をつけた方がいいと 思います。

 

 

御朱印

 

鹿児島御朱印神社安楽山宮神社志布志の大楠志布志市

 

 御朱印です。

 

 実は この時に 気になることがありまして

 社務所にいらっしゃった、神主さんか

 氏子さんか わかりませんでしたが

 勇気を 振り絞って 質問してみました。

 

 神社巡りをしていて お札をいただくことが

 ありまして 自分でも お札を買っていたので

 同じ お札が 二体になってしまって

 どうすれば いいのか わからなかったので

 質問してみました。

 

 社務所にいらっしゃった方は たぶん 氏子さんで

 一緒に 飾る方法を 考えてくれました。

 忙しいのに ありがとうございました。

 

 結果 ある方法に 行きついたのですが

 それは 明日 更新します。

 ただ それで いいのか 悪いのか

 わからないので 近いうちに 知り合いの

 神主さんに 聞いてみようと思います。

 

 

 

 

神社情報

 安楽山宮神社

 

 鹿児島県志布志市志布志町安楽1520

 

 御祭神

 天智天皇(テンチテンノウ)
 持統天皇(ジトウテンノウ)
 玉依姫(タマヨリヒメ)
 大友皇子(オオトモノオオジ)
 乙姫(オトヒメ)
 倭姫(ヤマトヒメ)

 

 例祭日  11月3日

 

 御朱印  あり

 

 駐車場  あり

 

 

 

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work