鹿児島御朱印巡り

鹿児島を中心に御朱印が拝受できる神社仏閣や、家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔鹿児島熊野神社(出水)〕彼岸踊りが奉納された熊野神社(出水)

〔鹿児島熊野神社(出水)〕彼岸踊りが奉納された熊野神社(出水)

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

鹿児島御朱印巡り、無事に熊本阿蘇方面に、行って来ました編(そのままだね(-。-;))を、終えまして、鹿児島県出水市にある 熊野神社にお参りして 御朱印をいただいて来ました~ ヾ( ̄∀ ̄*)

 

 

熊野神社は 御朱印集めをする前から お参りしている 神社の1社で、こちらのあの方に 会いたくて お参りもしていました。あの方は 下の方で紹介します。御朱印がいただけるというのは ずっと前から 知っていたのですけど、神主さんが不在だったり、出水方面にでかけることがなかったりして、今回 やっと いただけました。

 

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

鳥居です。駐車場の方から 少し離れているので こちらの方が昔の参道だったのではないかと思います。

 

手水舎

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

手水舎です。鳥が来るのでしょうか?ネットが張ってありました。

 

 

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

水道式?です。

 

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

獅子?狛犬? いまだに 見分けがつきません ( ̄Д ̄;; そして いつの間にか カエル様がいらっしゃいました。いつ頃からでしょう・・・

 

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

こちらにも カエル様が いらっしゃました。

 

社殿

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

社殿です。

 

由緒

明細帳は天台宗山内寺の書庫に収められていたが、明治維新の廃寺により失われ委細は不明である。しかし、往古より野田村の総社であり、初代島津忠久公は初めて封に就き、出水木牟礼に居城の折、再興されたと伝えられている。更に、十九代光久公、二十代綱貴公の御代にも再興されたという。

野田村郷土誌(昭和49年刊)423頁によれば 下名中郡集落にあって村の鎮守の社である。祭神は紀州の熊野権現と同じく、伊邪那美命,速玉男命,泉津事解男命を祀ってあり、三社大権現とも云われ旧出水郡三郷社の一つである。

例祭は十一月九日(元旧暦九月九日)で、村では往時より方祭を営む習がある。往時は方祭も盛で各家々では、甘酒,赤飯等を作り、その年の豊作を家族や親類と共に祝ったものであるが、近時この行事もすたれている。

島津忠久が始めて封につき木ノ牟礼城にいた時に建立されたものと伝えられ、往時はこの高台の境内の廻りは繁茂した杉,松,楠等の大木が生え、境内の神厳自ら人に迫るものがあった。

この社の周囲の田圃は元堀であったと云われ、社前には安永七年十二月と刻まれた石灯籠があり、その前に池と石橋がある。

明治の頃、当時出水郡では珍しかった蓮をこの池に植えたので、当時旧出水郡内の人が珍重して、宮参りと見物人が絶えなかったと伝えている。石橋と狛犬は若林猪蔵氏の寄贈によるもので、当時神前の橋として神域を一層神厳にしていた。また昭和になって来仙平太郎氏が大鳥居を寄贈されている。

 

www.kagojinjacho.or.jp

 

カエル様

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

境内内に 数体のカエル様が いらっしゃるので 探してみてください。

 

会いたかった方

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

会いたかったのは こちらの ニワトリの 「太郎さん」です。(私は とりあえず、オス?だったら 太郎さんと名付け 勝手に呼んでいます( ̄m ̄* )ムフッ♪「元気だった?」とか 話しかけています。一応 周りを見て 誰もいないことを確認してからですけどね。(笑)

 

御朱印

鹿児島御朱印巡りブログ熊野神社出水市

御朱印です。この時 神主さんがいらっしゃって 忙しそうに作業をされていて、しばらく・・・15分くらい 作業が終わらないかなと 待っていたのですけど、終わりそうになかったので 声をかけて いただきました。忙しい中、作業する手を止め、書いていただきました。

 

 

神社情報

熊野神社(出水)

鹿児島県出水市野田町下名5930

御祭神  

伊邪那美命(イザナミノミコト)

速玉男命(ハヤタマオノミコト)

泉津事解命(ヨモツコトサカノミコト)

例祭日  11月9日

御朱印  あり

駐車場  あり

 

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work

 

www.gosyuinn.work