鹿児島御朱印巡り

鹿児島を中心に御朱印が拝受できる神社仏閣や、家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

きんぎょとわらび餅のお受験100日戦争!(わらび餅編)3

きんぎょとわらび餅のお受験100日戦争!(わらび餅編)3

f:id:kagomegu:20200108144647j:plain

鹿児島御朱印巡り 神社巡らず、過去を巡ってます。(*´▽`*)

今日は わらび餅 人生初の挫折を味わう です。

昨日の 三者面談でキレた私は わらび餅に塾に通わなくていいのか 尋ねました。すると 行かないで 1人でやれるだけ やりたいとのことだったので 塾には通わないことになりました。

上の写真は 友達のヨネちゃんにもらった おせんべいです。

 

 

夏休みも 1人近くの図書館に通い 帰宅してからも 机に向かい ひたすら勉強していました。参考書が ボロボロになるくらい 繰り返し、問題を解いて、考え、答えを出して、わからないところは 学校に行き 教科の先生に質問を繰り返し、自分が納得するまで 頑張っていました。

 

ただ、私にも一抹の不安もありました。わらび餅が選んだ M校は他県にあり 一緒に通う友達もいなくて 孤独になるのではないかということです。しかし、わらび餅が決めたことなので 私がとやかく言うことではないので 不安を抱えつつ、その不安をわらび餅に悟られないように 頑張って私ができることをしました。

 

それから あっという間に、数か月過ぎ、12月に入り 私の500円玉事件のすぐあと、担任の先生に今のわらび餅の実力を聞いてみたのですが、わからないので 模試を受けたらどうですか?と言われて 模試を受けることにしました。

 

f:id:kagomegu:20200108145724j:plain

一番上から 黒さつま鶏、黒豚、黒牛です。ブログの内容とは関係ありません。

写真があった方がいいかなとか 思って こちらを選んでみました。

 

模試を受けて 記憶が定かではないですが、2週間弱くらいで 結果が出たと思います。結果が出る日は わかっていたので なるべく早く仕事を済ませ、家に向かいます

 

帰宅すると 先に帰宅してわらび餅が いるはずなのに 家は 真っ暗です。まだ、帰宅していないのかなと 思いつつ 家に入ります。いつも通りに 居間の電気をつけると わらび餅が居ました。

 

真っ暗な部屋の片隅で 私に背を向けて 声を殺して泣いていました。

 

f:id:kagomegu:20200108185713j:plain

結果がこちらです。E判定 です。合格は非常に難しく 前途は困難な道です。

まさかの E判定です。せめて C判定くらいだと思っていたのですけど、まさかのE判定です。

 

あの 声を押し殺し泣いている わらび餅の背中を私は 忘れることはできません。なんと声をかけてよいのかも わかりませんでしたが、私は 待ちました。20分くらいでしょうか、その時間が ものすご~~く長くて 針のむしろというか 静まり返った家の中で わらび餅の背中が 軽く揺れていて・・・

 

でも、私は 自分から声をかけることはしませんでした。言えなかったというのもあったけど、これが 現実、わらび餅が頑張った結果なので 受け入れないといけない。

志望校を変更するのか、まだ、頑張り続けるのか・・・

すると、わらび餅が 涙をぬぐいながらというか 泣きながら 

 

わらび餅 「塾に行かせてください」

きんぎょ 「わかった。では 明日中に自分で ありとあらゆる方法、自分で調べられるだけ調べて 自分で行きたい塾を探して決めて来て」

わらび餅 「はい、わかりました」

 

次の日 わらび餅は 塾に通っている友達 たぶん全員に 聞いて 1軒の塾を探して来ました。

 

わらび餅 「自分は数学が苦手で 〇〇くんはここで成績が上がって 自分に合っていると思うので、ここに行きたいと思います。一緒に説明を聞きに行ってください」

きんぎょ 「了解です。では すぐに行きましょう」

ということで その日のうちに その塾に行き説明を 聞いて 通うことになりました。ざっと 冬季のコースで テキスト代やら、いろいろ込みで 〇万円です(T△T)

 

その塾は 自宅を開放していて 先生と奥さんと言っても 教えているのは 御主人の先生 1人で、小さな塾です。

これから 私は 分刻みの生活を送ることになります。

 

この時 私自身も 資格取得のための学校に通っていて 片道1時間を通っていました。朝 学校に行って 夕方帰宅して すぐに わらび餅の軽食を作り食べさせ、送って行き、一度帰宅して 夕飯を作って 洗濯して また、わらび餅を迎えに行って・・・の繰り返しで 土日関係なく 塾はあったので 休みは用事、家事に追われてでも、あの声を押し殺して泣いていた わらび餅の背中を思い出すと 頑張れました。

 

f:id:kagomegu:20200108195143j:plain

1か月ごとに 模試を受け そのたびに、ちょっとずつ 上がって行きました。この時本当に きつかったです。当時は 時間に追われて きついと感じる暇がなかったのですけど、今 思い出すと この時が 一番きつかったかも・・・
 

今となっては 楽しい思い出です。

 

f:id:kagomegu:20200108145733j:plain

こちらは とある物産館にある 木彫りの 弥五郎どんと、薩摩剣士隼人です。

ということで 明日は いよいよ、最終回の予定です。わらび餅は どうなったのでしょうか?って わかってると思いますけどね(^▽^;) 

私の 500円玉以上は どうなったのでしょうか?

 

明日は 諦めたらそこで試合終了ですよ・・・?の件です。

 

www.gosyuinn.work