鹿児島御朱印巡り

鹿児島、宮崎、熊本、福岡、佐賀の御朱印が拝受できる神社仏閣を紹介しています。1000社分の御朱印を目指してます。2020年1月現在161社です。(* ̄∇ ̄*)

〔鹿児島大汝遅神社〕あれが見えたら福が授かる大汝遅神社

〔鹿児島大汝牟遅神社〕あれが見えたら福が授かる大汝牟遅神社 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

鹿児島御朱印巡りで、鹿児島県日置市にある 大汝遅神社にお参りして 御朱印をいただいて来ました。ヽ(。・ω・。)ノこちらの神社 某ドラマの撮影のために女優さんが 参拝されたりしている有名な神社です。(社務所に写真が飾ってあります)

 

 

鹿児島市内から来た時には、長い坂を上りきった所に、信号がありその信号の右手に大きな看板がありそこを 曲がったら 左側にあります。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

鳥居です。国道から 少し入った所に あります。

 

手水舎 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

手水舎です。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

石造りで、六角形の形をしている 手水舎です。

 

社殿

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

境内の真ん中あたりに 大きなイチョウの木(夫婦イチョウです)があり、確か社殿を正面に見て 左側が夫側で右側が妻側だったと思います。そして、中央に橋があるのですけど、何度 お参りしても、どうしても 橋を渡りたくなり、渡ってしまいます。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

 由緒

 

 創建年代は不詳であるが、地理纂考等によれば、勧請には天孫瓊瓊杵尊の係わりが語られ、往古大和の三輪神(大汝牟遅神)並びに玉依姫を祭り、次いで島津初代忠久公の時 (一説には文治二年)に、鎌倉の鶴岡八幡宮より仲哀・応神・仁徳の三天皇、及び神功皇后の御分霊を併せ祭ったといわれる。

当社の鎮座する中原には瓊瓊杵尊が国見をしたという国見石がある。

中世の頃は周辺が伊作庄の政治の中心地であり、伊作島津家はもとより代々国主の崇敬も厚く、文安元年甲子十一月二十七日をはじめ再興を示す多数の棟札がある。

 

明治四十二年十月二十八日石聚神社、同年十二月十日小烏神社、加茂神社、奥神社、同十八日玉御前神社、翌年一月二十一日亀山神社を合祀した。

 

吹上町鎮座の神として崇敬され、各種祈願祭等参拝者で社頭は賑やかである。

 

www.kagojinjacho.or.jp

 

 

イシノコンボサァ

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

この大石は子持石 または子産み石と言われ、子授け・安産の神様として広く信仰されています。参拝の折、願を掛け小石1個を持ち帰り、妊娠出産後は喜びを倍返しとして2個の小石を納めるお礼参りの風習があります。

尚、イシノコンボサァは石塚市太郎翁が、明治の頃、伊集院より馬車で運び、吹上町の入来の屋敷内に里人の繁栄と幸福を願い祀られました。

市太郎翁に続く石塚家が代々神守りしてまいりましたが、平成20年9月にこの地へ移されました。

 

看板より

 

オトッゲ石

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

こちらの オトッゲ石ですが、男性用と、女性用があります。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

私も 持ち上げてみました。重かったです。ρ(тωт`)

再度 丁寧に お参りしなおしました。

 

御神木 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

今回は こちらの願掛けの御神木に お参りしたかったのです。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

この写真では わかりにくいかも・・・

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

どうでしょう? 見えますか? 私は 見えました。ヽ(^◇^*)/ ワーイ

 

11月には 500年の歴史がある流鏑馬もあります。流鏑馬の時は すごい人出です。矢が的に当たると その的は縁起物なので その的欲しさに みんな殺到します。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

潮浜参りの(御潮とり)という 風習です。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

この貝に盛られた砂は、初詣の時、吹上浜で波打ち際の砂を山盛りし、四方拝後、波で崩れたあとの濡れた砂を、浜辺にある、赤貝(オトッゲ)に盛り奉納されたものです。これは、古事記にある、「火もちて猪に似たる大き石を焼きて転ばし落としき・・・その石に焼き著かえて死にき。・・・刮貝比売(赤貝)きさげ集めて、蛤貝比売(蛤)待ち承けて、母の乳汁と塗りしかば、麗しき壮夫に成りて、出で遊行びき。」という大汝牟遅の神様と、兄神様等の八十神様にちなんでの事とされます。

即ち、赤貝の殻の粉を、蛤の出す汁で溶いて、母乳状の液体として塗ったところ蘇生されたので、赤貝に濡れた砂を盛り供え、神様の御神霊を慰め若返っていただき、更に神様の御活躍を願い、御神徳を戴くためです(貝殻の粉を水で練って火傷に塗る民間療法や、母親が子供の傷に乳汁や唾を塗る習慣は今でも残っています)。

この風習は、県外はもとより他の市町村でも見られない、吹上地方独自のものです。

尚、この風習は往古より次々と受け継がれてきたもので資料はなく、その起源は不詳であります。

 

看板より

 

御朱印 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

 

 御朱印です。境内にある 社務所でいただけます。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

こちらの御朱印 たぶん 幻かも・・・

 

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

2020年1月現在は、こちらと、下の 2種類の御朱印がいただけます。

 

鹿児島御朱印巡りブログ大汝牟遅神社日置市

 

 

 

 

 

神社情報

大汝遅神社

鹿児島県日置市吹上町入来1004-4

御祭神  

大己貴命(オオナムチノミコト)

仲哀天皇(チュウアイテンノウ)

神功皇后(ジングウコウゴウ)

応神天皇(オウジンテンノウ)

仁徳天皇(ニントクテンノウ)

玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)

別雷神(ワケイカヅチノカミ)

少彦名命(スクナヒコナノミコト)

御朱印  あり

例祭日  11月23日

駐車場  あり 信号のすぐ近くにあります。

 

 

 近くのご飯屋さん

www.gosyuinn.work

 

近くの温泉

www.gosyuinn.work