鹿児島御朱印巡り

鹿児島在住、天然、お気楽、癒し系と言われるやっせんぼ(気が小さい)私が きんぎょ目線で、鹿児島の御朱印、家族湯、グルメ、観光スポット、などを、ゆる~く紹介します。v(。・ω・。)  現在 御朱印帳13冊目になりました。

心のふるさとの伊勢神社

心のふるさとの伊勢神社

 

 鹿児島県霧島市国分にある 

 伊勢神社に

 お参りして来ました ヾ(´∀`)ノ

 

 こちらの神社は 霧島市国分の町の

 少し 端にあります。

 

 場所は すぐにわかると思います。

 近くには 大学もあります。

 

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分

 

 

 道路から 少し入った所にある

 昔からある 鳥居です。

 

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分

 

 道路側にある 鳥居です。

 白い建物が 社務所になります。 

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分



 

 社殿は この階段を 上がった所に

 あります。

 

 

手水舎 

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分

 

  手水舎です。

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分



 

 普段は 蓋がしてあるので

 浄める時には 蓋を外します。

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分

 

社殿

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分



 

 社殿です。

 

 

由緒

 

 四十五代聖武天皇の御代、

 天平九年大隅国の国分寺設置の際、

 当寺の東の清地

(現在地より西方

 約三〇〇メートルの大森の下)に

 国中鎮守のため創建された。

 

 その後、島津義久公が慶長七年に

 富隈城より国府新城に移った時、

 国分郷の総社として新城の鬼門に

 あたる方角の現在地に遷座した。

 

 その折、義久公は使者を以て

 京都吉田家へその次第を御報告になり、

 近衛関白公御清書と伝えられる

 「天照大神宮」の扁額を戴き御神前に

 掲げたので、一層の崇敬を集めた。

 

 又この時義久公より寄進の屋敷が

 現在の宮司宅地として残っている。

 

 明治四十二年阿夫利神社、大山祇神社、

 昭和三十年愛宕神社を合祀した。

 

 戦後も国分市総鎮守の産土神、

 市民の心の故郷として崇敬されている。

 昭和五十年十一月改築した。

 

 

 

www.kagojinjacho.or.jp

 

 

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分



 

 

御朱印

 

鹿児島御朱印心のふるさと伊勢神社霧島市国分



  

 御朱印です。

 

 一度 お参りをして 御朱印を

 いただこうと

 社務所に行ったけど 不在のようで

 道を隔てた 鳥居の所まで行き 

 戻ってくるとちょうど 戻られた所で 

 御朱印いただけますかと

 尋ねると 快く 

 書いていただけました。

 

 こちらの神主さんは 本当に

 優しい神主さんで  近くの御朱印が 

 いただける神社を

 教えてくださいました。

 

 教えてくれるだけではなく 

 その神社の神主さんに電話をして

 神主さんの予定を 聞いてくれようと

 までしてくださいました。

 

 そこまでしてくれる 神主さんは

 そうそういらっしゃらないと

 思います。

 

 この日は 他に予定があり

 その神社には 

 お参りできませんでしたが

 後日 お参りした際に お話しさせて

 いただいたら 神主さん同士

 仲がよいとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

神社情報 

 

 伊勢神社

 

 鹿児島県霧島市国分中央2-6-17

 

 0995-45-0164

 

 御祭神  

  • 天照皇大神
  • (アマテラススメオオミカミ)
  • 栲幡千々姫命
  • (タクハタチジヒメノミコト)
  • 多力雄命(タヂカラオノミコト)

 

 例祭日  10月17日

 

 御朱印  あり

 

 オリジナル御朱印帳  なし

 

 駐車場  不明