鹿児島御朱印巡り

鹿児島を中心に御朱印が拝受できる神社仏閣や、家族湯、美味しいものを紹介しています。(* ̄∇ ̄*)

〔鹿児島神社御朱印〕鹿児島三社の鹿児島神社

〔鹿児島神社御朱印〕鹿児島三社の鹿児島神社

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

 

鹿児島在住、天然、お気楽、癒し系と言われるやっせんぼ(気が小さい)で、アラフィフのぼっちの私が 、きんぎょ目線で、九州の神社の御朱印、まだまだ数ないですが、お寺の御朱印、家族湯、グルメ、観光スポット、などを、

ゆる~く紹介します。v(。・ω・。)  御朱印を1000社目指して集めて行きます。

 

鹿児島御朱印巡り、4社目は、鹿児島県鹿児島市草牟田にある 鹿児島神社にお詣りして御朱印をいただいて来ました~ヾ( ̄∀ ̄*)  こちらの神社は 私が御朱印集めを始めたと知った友達が こちらにも御朱印があると 調べて連れて来てくれました  (○´▽`)

 

鳥居

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田
国道3号線から 少し入った所にあります。3号線は すごい交通量で数百メートル入ったこんな所に素敵な神社があるとは思いませんでした。

 

手水舎

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

手水舎です。

 

鹿児島御朱印神社鹿児島神社鹿児島市

手水舎です。御神水と ありますね。水神様が いらっしゃるみたいです。

 

狛犬

鹿児島御朱印神社鹿児島神社鹿児島市

 狛犬?か獅子?です。

 

鹿児島御朱印神社鹿児島神社鹿児島市

凛々しいです。

 

社殿

 

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

社殿です。

 

鹿児島御朱印神社鹿児島神社鹿児島市

 

 

由緒

 

鹿児島神社は、鹿児島一円の地主神と伝え、広くまた海の神様であると言われております。遠く神代より、鹿児島と言うこの地の言霊ことだまとともに今に来りました、歴史のお社です。国史「日本三代実録」は、清和天皇の貞観じょうがん二年三月(平安時代)、朝廷が当社の神位を上げられたことを記しています。

御祭神は彦火火出見命ひこほほでみのみこと、豊玉姫命とよたまひめのみこと、そして豊玉彦命とよたまひこのみこと。また、かつての当社の神田より今は豊受大神とようけのおおかみを合祀しております。

当社の別名を宇治瀬神社うじせじんじゃと申し上げ、土地では「宇治瀬様」を薩摩弁で「ウッテサァ」と呼んで親しまれて参りました。宇治瀬とは、当社鎮座の故地、錦江湾の神瀬かんぜの小島にかかる瀬のいと早く渦巻く様とも、また、以前は当社下を流れていたという甲突川のその早瀬の逆巻く様とも言われております。

古来里ではこの「宇治瀬」を、当社の春祭の二月十八日より、秋祭(ホゼ祭)の十月十八日までの期間は「うじせ」と、それ以降の半年を「うずさ」と言い分けて呼び慣わし、またその二月と十月の祭礼月を俗に「神月こうづき」、殊に十八日の祭りを迎えるまでを「柴内しばうち」と呼んで、ことごとく忌み慎みました。この「神月」が甲突川の名の起こりだそうです。

けだし、当社の祭礼とともに、あまねくこの里人の暮らしがありました。故習まことに床しく思われます。

 

鹿児島神社 | 鹿児島県神社庁

 

 

 

龍柱

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

鳥居をくぐり 階段の手前に右側にあります。

 

御朱印

鹿児島御朱印神社鹿児島神社鹿児島市

御朱印です。社殿を正面に見て 左側に社務所はあり御朱印はいただけます。社務所の写真を撮り忘れたので、今度 お詣りして写真を撮りたいと思います。

 

駐車場

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

左側の階段の所が神社の正面です。その横に 駐車場に入る小道?があります。

 

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

こちらが 小道を入ったところです。

 

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

駐車場の一角に御神木があります。

 

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

御神木のすぐ横にいらっしゃいます。

 

鹿児島御朱印巡りブログ鹿児島神社鹿児島市草牟田

下の方には 龍神様もいらっしゃいます。

 

 

神社情報 

4社目 鹿児島神社

鹿児島県鹿児島市草牟田2-58-3

御祭神  

天津日高彦火火出見命(アマツヒダカヒコホホデミノミコト)

豊玉彦命(トヨタマヒコノミコト)

豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)

豊受大神(トヨウケノオオカミ)

例祭日   2月18日、10月18日

 

 

4社目

www.gosyuinn.work

 

近くの神社 

www.gosyuinn.work